GIMP Script-Fu に挑戦Ⅵ

 必要な操作ができるようになったので、早速画像を連番処理するスクリプトを書いていきます。
 画像処理がやり易いようにApophysisで生成させる画像は透過PNGとしておいて、レイヤーを一つ加えて背景に黒を設定します。
そのためエフェクトをかける部分はで作ったコードに比べ少し複雑になっています。
スクリプトの構成は
  ・ ループを行う関数 "repeat"
  ・ ファイルを読み込んで、名前を変えて保存する関数 "file-io"
  ・ 連番の桁数を合わせる関数 "dgt"
  ・ エフェクトをかける関数 "effect"
  ・ 一番最初に"ループを行う関数"を呼び出す命令文
     これらをまとめて"script-fu-files-glow"という関数にします。
     そして、
  ・ スクリプトをGIMPに登録する関数 "script-fu-register"
からなります。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : グラフィック作成
ジャンル : コンピュータ

GIMP Script-Fu に挑戦Ⅴ

ループ
 ファイルを開いて、エフェクトをかけて、保存することができたので、あとはこれを繰り返せればOKです。
 しかしこれがなかなかの難敵でした。

 ループというとすぐに"for"文を思い浮かべるのですが、Script-Fuには"for"文がありません。Script-Fuで使えるループは"while"文だけです。
 しかしScript-Fuの元となっているLispというプログラミング言語を調べるとループは"再帰呼び出し"という方法で実現するとありました。 再帰呼び出しとは何かというと、ある関数を実行している最中に、その関数自身を呼び出して実行する、ということらしいです。

110904_a.png
― 再帰呼び出し ―

 さらに再帰呼び出しでループを書くときは"末尾再帰"となるようにプログラムを書くべきである、とありました。 末尾再帰とは、要は関数内の手続きの一番最後に再帰呼び出しを行うようにすることで、そうしないとループの回数分だけ関数の内容がメモリ内に蓄積されてオーバーフローしてしまう、そうです。
 では、再帰呼び出しでループ文を書いてみます。0から10までの数を表示するスクリプトです。

続きを読む

テーマ : グラフィック作成
ジャンル : コンピュータ

GIMP Script-Fu に挑戦Ⅳ

エフェクトをかける
 次はScript-Fuを使って画像にエフェクトをかける方法を勉強します。
まずGUIでエフェクトをかける操作をしてみます。
メニューバーの
     『フィルタ』→『芸術的効果』→『柔らかい発光』
を開きました。
パラメーターを適当に設定して"OK"とするとグロー効果が付与されました。

110902_a.png

続きを読む

テーマ : グラフィック作成
ジャンル : コンピュータ

GIMP Script-Fu に挑戦Ⅲ

 Script-Fuでやりたいこと。
 ”連番の画像ファイルをGIMPに読み込ませて、
     エフェクトをかけてから
     別の連番ファイルに保存する。
      これを自動で連続に行う”

 そのために
  画像ファイルを読み込むこと、
  画像ファイルを保存すること、
  エフェクトをかけること、そして
  ループ機能で繰り返し行うこと、
   が必要です。

続きを読む

テーマ : グラフィック作成
ジャンル : コンピュータ

GIMP Script-Fu に挑戦Ⅱ

Script-Fuに慣れる
 まずはScript-Fuに慣れることから。 このScript-FuコンソールはApophysisのScript Editorのようなものかと思っていたら少し違うようですね。一行だけコマンドを打ち込んで実行できるようです。ではまず足し算" 1 + 2 "をさせてみよう。

(+ 1 2)

なんじゃこりゃ?これはポーランド記法というやつか。Script-Fuの基本文法は、
(関数又は演算子 パラメーター1 パラメーター2 …)
となるようです。これは慣れるのに時間がかかりそう。

110827_b.png
110827_a.png

続きを読む

テーマ : グラフィック作成
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

soar13065

Author:soar13065
Apophysis使って動画等を作成しております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR